プロフィール

スタッフ

囲涼庵店長「モジャ」です。
ただパーマをかけただけで、
この呼ばれ方になりました!
お店の事、全く関係のない事まで
書いていきます。
因みに、お酒と漫画が大好きです♪

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月23日 (水)

囲涼庵の呑気っ記 その三

まいどどす~sun

今日も早起きして農家さんへ来てますsign01

ちょっと眠いが・・・ (ノω`*)

今日の収穫はこちら

サニーレタスsign03ヽ( `皿´ )ノ

サニーレタスは早朝に切って収穫することによってシャキシャキの状態で収穫できるそうですbud

続きまして

 

ブロッコリーっすsign03

これ好きです。

続きまして

黄柚子impact

この時期の人気食材ですよね~ ( ´ー`)ノ

当店でもかなりの量を使いますshine

中でも『地鶏の柚子塩鍋』が人気どすheart02

柚子の香りが効いていて美味いですよ ((*´ε` *))

ではではdash 

2009年12月16日 (水)

囲涼庵の呑気っ記 その二

今日は来年から始める新メニューの試作状況をお届けしますshine

商品名は『 淡海地鶏のモモ肉脚付き塩釜焼き 』ですsign03

がんばる私目heart01

使用する食材は脚付きモモ肉と塩と卵白などなど・・・

こんな感じに地鶏をたっぷりの塩で包んでオーブンで30分程焼きます (人-ω-)scissors

出来上がりが・・・

これですsign01Σ(・ω・ノ)ノ

塩釜焼きの由来は、戦国時代までさかのぼるそうです (`・ω・´)

豊臣秀吉は朝鮮出兵の際、玄海灘の鯛を大阪の母に届けました。

そのときに、うまみを損なわないように、鯛を塩で包んで焼いたのが塩釜焼きの始まりだといわれています ( ´,_ゝ`)

冷蔵庫のない時代、内陸部に届ける際に、保存目的でこのような調理手法がとられていたそうですflair

さらに、鯛といえば昔から高級品。祝いの場や宴席などで、このような珍しい塩釜焼きは大変喜ばれたらしくコレを淡海地鶏でやろうsign03

と言う事です(≧▽≦)shine

近い内にメニューに載せるので見てくださいcute

ではでは~dash

近江軍鶏&京野菜 Polloria(ポッローリア) 京都先斗町 のサービス一覧

近江軍鶏&京野菜 Polloria(ポッローリア) 京都先斗町